メールアドレス登録

ウィズダムツリーサイトに登録をすると、登録者限定のサイト内の記事にアクセスできるほか、リサーチレポートやブログの更新時に、アラートをメールで受信することができるようになります。

(※)機関投資家、証券外務員、IFA、FP、銀行・証券会社・運用会社にお勤めの方は「フィナンシャル・プロフェッショナルをお選びください

プロファイル追加情報

下記送信ボタンをクリックすることで、ウィズダムツリー・ジャパンの個人 情報保護方針を確認し、同意したことを意味します。

etf-education
ETF豆知識
ETFの二重の貸株(レンディング)によるリターン向上の機会とは?
2018年06月12日
渡邊 雅史, ウィズダムツリー・ジャパン ETFストラテジスト


投資信託は、その保有証券を貸し出すことによる品貸料を得ることでリターンの上乗せを目指すことがよくあります。個人投資家でいえば、保有している個別銘柄の株券の貸出を行っているのと同様です。そのため、投資信託の基準価額の変動にはこの品貸料(手数料控除後)が含まれ、投資信託の保有者のリターンの向上に寄与しています。ETFはもちろん投資信託ですから、ETFの保有している証券を貸し出すのが一般的です。この保有銘柄の貸出とは別に、ETFにユニークなのが、ETFの受益権自体の貸出も可能であるということです。ETFは投資信託であると同時に上場証券でもあります。そのためETFの受益権を貸し出すことで品貸料を得るという行為が可能になっているのです。

 

ETFの二重の貸株①=ETFの保有銘柄の貸出

ETFは投資信託でもあり、複数の証券に分散投資をしてそれらを保有しています。この個別の株式や債券には、その証券を借りて空売りや決済のやりくりなどに利用したい市場参加者のニーズが存在します。それに応えるために多くの投資信託では、彼らに対して保有証券を貸し出す、いわゆる「貸株(セキュリティーズ・レンディング)」を行い、その対価としての手数料を受け取っています。この手数料は経費を控除した後にファンドに帰属され、基準価額の変動の一部として投資家に還元されています。

ETFも投資信託であり、証券のバスケットを保有しているので、その保有証券の貸出を行っているものが大半です。この保有銘柄の貸出はニーズの高いものであれば高いレートの手数料を受け取ることができ、ものによってはETFの運用にかかる経費率を超える収益を上げる場合もあります。この保有銘柄の貸出は、ETFの投資家は特に意識することはなく、ファンド内である意味自動的に行われている「貸株」になります。

 

ETFの二重の貸株②=ETFの受益権の貸出

その一方でETFは上場証券でもあります。ということは、ETF自体の空売りや、決済のやりくりなどのために一時的にそのETFの受益権自体を借りたいというニーズもまた存在します。これに対して、投資家は証券口座などで保有しているETFの受益権を貸し出すことが出来ます。これはあたかもETFという個別銘柄の株式を貸し出しているようなものです。これは非上場の投資信託にはできないETFの追加的なリターン向上の機会です。このETFの受益権の貸出は、個人投資家も証券会社の口座を通して可能となっています。国内上場のETFはもちろんですが、最近では海外上場のETFの貸株サービスを提供している証券会社も出始めています。

 

【ETFの二重のレンディングのイメージ】

 

 

 

二重の貸株が可能であるというETFの優位性

ある複数の株式の銘柄バスケットを保有した場合はその銘柄バスケットを貸し出すことが出来ます。これは投資信託という箱で包んだ場合も、その中で行うことができます。しかし、その箱自体を貸し出すことができるのは、その箱自体が上場されているETFならではの優位性です。もし、長期でETFを保有するのであれば、ETFの受益権の貸出は、リターンを向上させる方法として、(税制面やリスクを勘案した上で)検討に値するのではないでしょうか。

Read More

この記事に関連する重要なリスク

海外投資には、通貨変動、政治あるいは経済情勢の不確実性に因る損失リスクなどの特殊なリスク要因があります。通貨に対する投資には、信用リスクおよび金利変動などのさらなる特殊要因もあります。

ETF豆知識


前のブログ 次のブログ